あまてらす訪問看護ステーション『プラス』

「自宅で暮らせる」が普通になる世の中に!
訪問看護でお客様とスタッフを明るくテラス

 あまてらす『プラス』です!
 菊陽町を拠点に、24時間365日対応している訪問看護ステーションです。
 お客様とスタッフが明るく照らし合い、住みよい街になるように、また地域に欠かせない社会資源となるべく、日々、業務に励んでいます。

 あまてらすは、医療・リハビリ・介護の専門職が運営しており、全従業員ご利用者様の暮らしを想い、希望や喜びの光を一緒に探します。仕事を通して、ご利用者様と働くスタッフの双方が幸せになるために、目の前の事を大切にしながら未来を見据えて仕事をさせて頂いています。

 そのなかでも、あまてらす訪問看護ステーション「プラス」は、精神科訪問看護に特化したケアを提供しております。ご本人様と、そのご家族のこころに寄り添い、少しずつでも希望や生きがいが見出せる明日になるようサポートさせていただきます。

 私たち、あまてらす「プラス」は、あまてらすのステーションのなかでも精神疾患でお困りの方々を中心に訪問させていただいております。
 私たちは、つらく苦しいお気持ちを受け止めて終わりではなく、どうすればその心を救ってゆけるのか、自分たちに何ができるのかを考えてケアを届けています。
 さらに、ケアを届けるにあたっては、自分たちの気持ちも穏やかであることが重要であり、日頃からスタッフの体調や働きやすい環境を大切にしています。

管理者 秋月 智香子 

「あまてらす」が提供する安心の体制!
地域に根ざした看護を展開

 私たちは、全ての地域で、あらゆるお悩みを抱える方々を明るく照らすことができるよう、熊本県内にあまてらすの訪問看護ステーションを6事業所運営するほか、居宅介護支援事業所や相談支援事業所、ヘルパーステーションなど10を超える事業を展開しています。

 熊本市内だけでなく、全ての地域でお困りの方々の生活を支えることができるようサービス提供体制を整えています。スタッフも看護師だけでなく、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士とセラピストも在籍しており、様々な専門的視点からケアを考えることを可能にしています。

精神科訪問看護+相談支援事業所

 あまてらす「プラス」には、同事業所内に『相談支援センタープラス』を併設しています。
 障がい者(児)の自立した生活を支え、障がい者(児)の抱える課題の解決や適切なサービス利用に向けて、ケアマネジメントによりきめ細かく支援するもので、ご本人、および、そのご家族等からの各種相談に応じ、情報提供や助言を行なっています。

 精神科訪問看護では、病状の変化を捉えるだけでなく、室内環境や清潔保持、金銭面など生活全体でお困り事がないか注意深く観察していきます。
 ヘルパーの必要性や就労支援の活用など、事業所内で情報共有が迅速に行えることで、考えられるケアの方向性をあらゆる視点から多角的に見出すことも可能となっています。

取材ピックアップメモ!

1.チーム力を大切にする鏡のようなステーション!

 訪問看護ステーションでは、病棟のように30人、40人ものスタッフがいるわけではありません。少ない人数だからこそ、一人が与える影響力は大きく、それは、ステーションの質に直結します。
 『あまてらすプラス』様は、日頃からスタッフ同士での事例共有の場を大切にされており、同じベクトルでケアを届けてくださっています。
 所長の秋月様は、日々スタッフの訪問記録をしっかりと読むことで、利用者様へのより良いサービス提供はもちろんのこと、スタッフの想いを汲み取りながらの運営に努めていらっしゃいます。
 スタッフ一人一人が持つ力を引き出しながら、全員が同じ方向を向いて対応できることは最大の強みであり、看護の質だけではない、ステーションとしての質向上を目指す鏡のようなステーションであると言えます。

2.作業療法士、理学療法士が在籍。生活全般にアプローチしてくれる

 『あまてらすプラス』様には、作業療法士理学療法士が在中しています。
 作業療法士は、実生活における能力の機能向上を図るプロであり、食事や洗濯、外出などまさに在宅生活に直結する支援が可能です。
 無理をさせるのではなく、その方が持つ強みを最大限に引き出し、目標設定は細分化することで着実な達成をサポートしてくださいます。

 理学療法士は、生活基本動作のプロであり、座る、立つ、歩くといった一つ一つの動作を評価したうえで、維持・回復していくために効果的なリハビリを実施してくださいます。
 さらに在宅の現場で力を発揮してくださるのは、環境調整と介護方法にあります。
 生活しやすい動線づくり、転倒リスクを減少させるための整備など住環境へのアプローチを得意としているほか、ご家族などの介護者がどのようにすれば負担を減らすことができるかなどについてもレクチャーしてくださいます。
 在宅生活を送るうえで、セラピストの存在は大変心強いものがあるのです。

3.県内で複数の事業を展開!柔軟性ある対応が可能

 『あまてらす』様は、社会のニーズに応えていくため、県内に6ヵ所の訪問看護ステーションを展開するほか、居宅介護支援事業所や相談支援事業所、ヘルパーステーションなど様々な事業を展開されています。
 訪問看護は、可能な限り柔軟性のあるサービスを行う為に土日祝日、夜間も定期訪問を行っており、24時間365日訪問を実践されています。
 また、『あまてらす』様は、「医療・介護の専門職が知識と技術を磨きながら自らサービスを作っていく」と語ってくださっています。
 専門職が充実した体制を組むことで、在宅生活が当たり前となる熊本になるようサービスを構築してくださっています!

運営状況

営業日

営業時間
平日8時30〜17時30分
土曜休日 (必要に応じて対応)
日曜休日 (必要に応じて対応)
祝日8時30〜17時30分
定休日土曜日 日曜日
留意事項上記、営業時間外も必要に応じて対応

提供サービス内容

内容○/-内容○/-
点滴・静脈注射人工肛門
在宅中心静脈栄養人工膀胱
経管栄養(胃ろう含む)自己腹膜灌流
人工呼吸療法気管カニューレ
在宅酸素療法(HOT)吸引
膀胱留置カテーテル麻薬管理(疼痛管理)
腎ろう、膀胱ろう精神科訪問看護

体制・届出状況

体制○/-体制○/-
緊急時訪問看護加算サービス提供体制強化加算
特別管理加算(Ⅰ)退院時共同指導加算
特別管理加算(Ⅱ)看護体制強化加算
看取り(ターミナルケア)対応看護・介護職員連携
強化加算

事業所情報 お問い合わせ

そらにあす株式会社
あまてらす訪問看護ステーション プラス
(アマテラスホウモンカンゴステーション プラス)
介護事業所番号:4362690135

郵便番号:869-1103
熊本県菊池郡菊陽町久保田2885-6 ありえすエイトB

TEL:096-273-9854
FAX:096-243-2823
ホームページ:https://kumamoto-amaterasu.info

管理者:秋月 智香子

関連記事

  1. アロールケア訪問看護リハビリステーション

  2. 訪問看護ステーション OMOIBA

  3. 訪問看護ステーション Good Re-Life

  4. 訪問看護ステーション MOCOS

  5. 訪問看護ステーション ラシクアーレ

  6. UMICAHI訪問看護リハビリステーション

  7. UMICAHI訪問看護リハビリステーション西熊本

  8. けいず訪問看護ステーション

  9. 訪問看護ステーション しおん

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930