訪問看護ステーション COCCOLEA

幅広い年齢や疾患、療養状況への対応が可能
「コッコリ=ともに」を合言葉に地域に貢献!

 23年10月、中央区にオープンしました『COCCOLEA(コッコリア)』です!
 熊本市東区を中心に、市内全域をカバーしています。
 COCCOLEAには小児看護の経験や、緩和ケアの経験、地域包括支援センター保健師の経験を有するスタッフが在籍しており、幅広い年齢や疾患、療養状況への対応が可能です。

 利用者様が、その人らしい暮らしを送っていくために「看護の力」は必要であると思っています。
 ただ、当然看護の力だけではその人らしい暮らしは送れません。
 そこで、本人・家族を中心に、本人の友人・知人、地域住民、医療職や介護職などさまざまな方々と、
 「ともに(コッコリ)」力を合わせて、「ともに(コッコリ)」協力し合い
潤滑剤のような存在として、利用者さまがその人らしい暮らしが送れるお手伝いが出来ればと思っています。
 どうぞよろしくお願いいたします!

<訪問エリア>
熊本市全域
菊陽町
上益城郡の一部(応相談)

専門学校講師も担う看護師が活躍!
教育体制や地域活動まで幅広く貢献!

 COCCOLEAでは、看護の質を高めるため、そして、新しく入社してくださる方々の安心のためにも社内教育を重要視しています。
 熊本大学教育学部卒で、専門学校講師も担っている看護師が在籍しており、確かな知識と経験を発信・共有しています。
 また、緩和ケア認定看護師として活躍した経験をもとに、地域貢献・社会貢献として「ACPデザインネットワーク(ACPを広める活動)」にも参加しています。

 アドバンス・ケア・プランニング(ACP)は、別名「人生会議」とも呼ばれており、近年その重要性が高まっています。ACPは、将来の変化に備え、医療及びケアについて、患者様を主体に、そのご家族や近しい人、医療・ケアチームが繰り返し話し合いを行い、患者様の意思決定を支援するプロセスを指します。
 人生観や価値観、希望に沿った、将来の医療及びケアを具体化することを目標にしており、ご本人・ご家族が後悔しない最期を過ごすために大切なプロセスです。
 ACPにおける看護師の役割として、ご本人との関係性を構築し、持てる力を引き出しながらご本人自身が主体的にACPに取り組むことができるよう、そして、その人らしく生き抜くことができるように支援することにあります。
 特に『対話』による価値観の明確化および家族・医療者との共有は重要であり、話を傾聴・共感しながら意図的に対話を進める技術を有する看護師の役割は大きいものがあります。

 COCCOLEAでは、熊本におけるACPがさらに普及し、お一人お一人がその人らしく尊厳をもって生き抜くことができるように支援しています。

取材ピックアップメモ!

1.緩和ケア認定看護師として活躍した経験を有するスタッフが在籍!ターミナルケアで発揮される力

 緩和ケアは知識だけでなく、普段からご本人、ご家族の意向を十分に受け止め、共有しておくことが大切です。「COCCOLEA」様には、上記でも紹介の通り、緩和ケア認定看護師としてご活躍された経験を持つスタッフ様が在籍しています。
 緩和ケアの豊富な経験から、ターミナルケア時においても不安や恐怖を取り除き、少しでも安楽に過ごすことができるようご家族も含めて寄り添ってくださっています。

2.小児科救急看護の経験を持つスタッフが在籍!実績をもとにした確かな対応

 小児救急看護の分野で実績を積まれてきた看護師様が在籍しています。
 超高齢化の我が国では、訪問看護の対象は高齢者ばかりと思われがちですが、実は、小児の訪問看護利用数は、この十数年間で5倍以上に増えているとも言われています。しかし、人員不足や対応不可領域として訪問看護ステーション側が受け入れられないケースが多いのが現状です。
 「COCCOLEA」様には、確かな経験をもとに、丁寧な対応を心がけておられます。利用者様とその家族への対応力だけでなく、他の専門職や機関との連携能力に強みが感じられます。

3.地域包括支援センターで保健師経験を持つスタッフが複数在籍!

 訪問看護アクションプランでも、訪問看護業界のさらなる地域包括ケアへの介入が課題として挙げられています。そのようななか、地域包括支援センターで保健師経験がある看護師が2名が在籍している「COCCOLEA」様は、医療機関や介護事業所などとの多職種・他機関連携はもちろん、地域の機関との連携も積極的に取り組んでおられます。
 また、うち1名の看護師様は、産業保健師の経験もあり、労働環境の整備にも尽力していることから、働きやすいステーション作りを大事にしている素晴らしい職場となっています。

運営状況

営業日

営業時間
平日8時30分〜17時30分
土曜8時30分〜17時30分
日曜定休日(必要に応じて対応)
祝日8時30分〜17時30分
定休日日曜日
留意事項24時間対応 営業時間外も必要に応じて対応

提供サービス内容

内容○/-内容○/-
点滴・静脈注射人工肛門
在宅中心静脈栄養人工膀胱
経管栄養(胃ろう含む)自己腹膜灌流
人工呼吸療法気管カニューレ
在宅酸素療法(HOT)吸引
膀胱留置カテーテル麻薬管理(疼痛管理)
腎ろう、膀胱ろう精神科訪問看護

体制・届出状況

体制○/-体制○/-
緊急時訪問看護加算サービス提供体制強化加算
特別管理加算(Ⅰ)退院時共同指導加算
特別管理加算(Ⅱ)看護体制強化加算
看取り(ターミナルケア)対応看護・介護職員連携
強化加算

事業所情報 お問い合わせ

株式会社LUBRI & ONE
訪問看護ステーション COCCOLEA(ホウモンカンゴステーション コッコリア)
介護事業所番号:4360192183

郵便番号:862-0924
熊本市中央区帯山6丁目7-101-1 オリーブ帯山3号棟

TEL:096-206-1997
FAX:096-283-1997

代表取締役:田村 一海
所 長:安藤 友一

関連記事

  1. アロールケア訪問看護リハビリステーション

  2. 訪問看護ステーション OMOIBA

  3. 訪問看護ステーション Good Re-Life

  4. 訪問看護ステーション MOCOS

  5. 訪問看護ステーション ラシクアーレ

  6. UMICAHI訪問看護リハビリステーション

  7. UMICAHI訪問看護リハビリステーション西熊本

  8. けいず訪問看護ステーション

  9. 訪問看護ステーション しおん

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930