HALE CARE訪問看護熊本

精神科領域を専門とした訪問看護
「あなたやあなたのご家族が幸せな日々を重ねられるように」

 
 皆様は全国で精神疾患にお悩みの患者様が、平成20年に320万人、平成30年には400万人以上、令和に入って以降は600万人と増え続けていることをご存知でしょうか。
 熊本県でも、平成20年以降6〜7万人で推移していましたが、令和3年以降は9万人と急増しました。
 精神科病院の平均在院日数(入院期間)も123日と、全国でも6番目の長さとなっています。

 理解が深まりつつも、まだまだ世間の偏った見方や考え方がある精神疾患。想いを誰にも話せずに苦しんでおられる方々はたくさんいます。
 私たち「HALE CARE(ハレケア)」の看護で、そんな方々を一人でも多く支えていきたいと思っています。

 HALE CARE熊本には、豊富な知識と経験をあわせ持つ看護師が在籍しており、心のケアを必要とされている皆様をご自宅や入所施設まで定期的に訪問しております。
 心のケアをはじめ、お薬やその副作用について、また、ご家族が抱えている生活上のトラブルなど、日常のさまざまな悩みをお聞きしながらその解決に向けて継続的に支援を行います。
 医療、福祉、行政機関と密な連携を図り、皆様が安心して生活を送れるようにサポートさせていただきます。

密な地域連携により、ご利用者様の想いを届けます

地域連携により安心を届けるHALE CAREのサービス

 「HALE CARE」では、ご利用者様に看護を届けることと同等に、医療機関・関係機関への情報提供を大切にしています。
 ご自宅に定期的に訪問している私たちは、ご利用者様の体調と生活状況を常に把握しています。その情報をタイムリーに共有していくことで、病院では病状に合わせた治療が可能になり、ケアマネージャー様は生活状況に合わせたプランの立案・修正が可能となります。
 それにより、在宅でも医療の質を落とすことなく過ごすことができます。
 また、「ハレケア」では診察への同席も積極的に行っており、直接主治医へ経過やご本人ご家族のお気持ちを報告することで、より、お一人お一人の想いを大切にした医療が受けられるようサポートしています。
 地域で連携していくことにより、支援者たちがそばにいるという安心を届けたいと思っています。

取材ピックアップメモ!

1.精神科領域の熟練者が届ける安心の看護

 「HALE CARE」様は、精神科病院、そして、精神科訪問看護で長年確かな経験を積み重ねてきたスタッフ様たちが揃う精鋭集団です!
 精神疾患でお困りの方々の多くは、ご自身で精神状態が悪いとSOSを発信できずにいます。
 そんなとき、表情や話し方ひとつから「なにかいつもと違う」と気付き、状態変化をいち早く察知してアセスメント。それぞれのスタッフ様が持つ経験則から情報を統合し、必要なケアを届けることで、悪化予防再入院防止を可能とされています。
 チーム力の高さもポイントで、スタッフ様同士がアセスメント理論を共通言語化して扱えることで、タイムリーかつ具体的なケアを実現されています。

2.関係機関への細やかな情報提供!安心して任せられるステーション

 訪問看護師は、定期的にご自宅へケアを届けていることから、体調はもちろんのこと、生活状況についての情報も最新、かつ、正確に持っています。
 「HALE CARE」様では、得た情報を病院や関係機関へ細やかに報告することを何よりも大切にされており、ご利用者様お一人お一人が、最善の治療を受けられるようサポートしてくださっています。
 確かな情報が届くため、地域の関係機関も安心して任せられるステーションです。
 福岡市中央区長浜には『HALE CARE訪問看護福岡』を構えており、日々の事例を検討し合いながら、地域に根ざしたサービス体制を構築されています。

3.医療観察法に対応する貴重なステーション

 医療観察法は、司法精神医療に関する法律で、心神喪失または心神耗弱の状態で、重大な他害行為を行った者に対して、専門的な治療と処遇を行う仕組みを定めています。
 このような方々は、刑務所を出所しても社会復帰には困難を伴う場合が多く、医療・福祉の調整や社会復帰の継続的な支援を行うことが必要であり、そのために医療観察制度が設けられています。
 地域で生活していくためには、地域で支える存在が不可欠です。訪問看護は、退所後のご自宅で実際に心身の状態を観察し、タイムリーな情報を持つ存在であることから、重要な支て手とされています。
 しかし、医療観察法に基づく訪問看護を実施するには、厚生局に届出が必要であり、医療観察制度上での訪問看護を提供できるスタッフを個別で申請する必要があります。それだけ専門性の高さ知識の豊富さ判断力連携力とすべてにおいて高い水準が求められるのです。
 「ハレケア」様は、この医療観察法に基づく訪問看護を実際に提供している貴重な存在であり、専門性の高さが伝わってきます。

↑医療観察制度については、当サイトコラム記事も参考

運営状況

営業日

営業時間
平日9時00〜18時00分
土曜9時00〜18時00分
日曜休日 (必要に応じて対応)
祝日9時00〜18時00分
定休日日曜日
留意事項

提供サービス内容

内容○/-内容○/-
点滴・静脈注射人工肛門
在宅中心静脈栄養人工膀胱
経管栄養(胃ろう含む)自己腹膜灌流
人工呼吸療法気管カニューレ
在宅酸素療法(HOT)吸引
膀胱留置カテーテル麻薬管理(疼痛管理)
腎ろう、膀胱ろう精神科訪問看護
心神喪失者等医療観察法 指定機関登録

体制・届出状況

体制○/-体制○/-
緊急時訪問看護加算サービス提供体制強化加算
特別管理加算(Ⅰ)退院時共同指導加算
特別管理加算(Ⅱ)看護体制強化加算
看取り(ターミナルケア)対応看護・介護職員連携
強化加算

事業所情報 お問い合わせ

株式会社KODAW(コドー)
HALE CARE訪問看護熊本
(ハレケアホウモンカンゴクマモト)

郵便番号:862-0913
熊本市東区尾ノ上3-3-87 エクセルコートM.O102号室

TEL:096-288-7587
ホームページ:https://kodaw.co.jp

代 表:又吉 弘章
管理者:伊藤 竜二

関連記事

  1. アロールケア訪問看護リハビリステーション

  2. 訪問看護ステーション OMOIBA

  3. 訪問看護ステーション Good Re-Life

  4. 訪問看護ステーション MOCOS

  5. 訪問看護ステーション ラシクアーレ

  6. UMICAHI訪問看護リハビリステーション

  7. UMICAHI訪問看護リハビリステーション西熊本

  8. けいず訪問看護ステーション

  9. 訪問看護ステーション しおん

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930